苫小牧福音教会 水草牧師のメモ

聖書というメガネで、神が造られた世界と人間とその歴史を見てみたら、という意識で書いたメモです。

時事

雪国で電気自動車では危険すぎる

国は、世界の趨勢にあわせて、2035年には新車販売は電気自動車以外認めないという方向で動いているのだが、暴論というほかない。北海道にせよ東北や新潟にせよ、雪国で高速道路で1台の車が立ち往生すれば、何百台もの車が閉じ込められてしまう。しかも、北海…

消費税と法人税

ニュースで国会中継をちらっと見たら、野党(たぶん共産党)議員がこの激しい物価高なのだから、消費税を下げよと主張していた。そして、上のようなグラフを出して、法人税の引き下げ分を消費税で補填しているのだと話していた。グラフを見るとなるほど、と…

ほとんどの日本人は「信教の自由」の意味がわかっていないらしい

毎日新聞の「宗教二世」に関するヤフーコメント欄を読むと、統一協会の宗教二世をめぐって、日本人が「信教の自由」の意味がわかっていないことに暗然とする。多くの日本人が単に「信教の自由とは何を信じようと勝手だ」という意味だと思い込んでいるのだ。 …

国葬の件

安倍元首相が銃撃、殺害されてしまいました。奥さんの昭恵さんにはお気の毒なことです。理由は安倍氏が元統一協会の広告塔になっていたので、元統一協会に人生を無茶苦茶にされた犯人からの恨みを買ったとのことです。統一協会に人生を破壊された人を、私も…

相変わらずの統一協会

統一協会は自称キリストの文鮮明が死んだら、もうやめるのかと思ったら、相変わらず、懲りずに悪事を重ねているんですね。それにしても、なんでこういうバカげたものに騙されるのか、不思議な感じがします。 でも、むかしニューエイジムーブメントを調べてい…

黙示録13章

プーチン大統領とロシアのキリル総主教の癒着を見ていると、黙示録13章の、竜(サタン)から権威を与えられた海からの獣(皇帝)、そして、子羊(キリスト)の姿をしつつ竜のことばを語る地からの獣を見る思いがする。 また私は、海から一頭の獣が上って来る…

人は人間扱いされないと・・・

ウクライナにロシアが侵攻して一カ月が経ち、昨日、恐ろしい報道がありました。ロシア軍が撤退したブチャという町で、300人ないし400人の民間人が拷問の上虐殺されていたというのです。ロシア当局はこれを西側のフェイク報道だと即座に否定していますが、無…

新使徒運動

「新使徒運動」(New Apostolic Reformation:NAR)についてどう考えますか?と問われて、少しだけ調べてみたら、えらいことになっているんですね。知りませんでした。教会成長論の唱道者の1人、元フラー神学校教授ピーター・ワーグナー(1930 -2016)が、現代は…

2030年にガソリン車禁止?

信州の山間地に22年間、北海道に6年間住んでいる経験からすれば、現在日本政府が打ち出している「2030年、ガソリン車禁止」というのは、雪深い地方の現実を認識していないスローガンとしか思えません。ハンガリー在住の中村満雄氏の文章に我が意を得たりとい…

コロナワクチン「最大多数の最大幸福」というならば

たいへんお世話になった先輩が、新型コロナのための2度目のワクチンを接種の翌々日、突然亡くなった。検死の結果は、心臓あたりに短時間激しい炎症があったことだけが判明したが、ワクチンとの因果関係は不明とされた。年齢は六十代半ば。テレビニュースで…

猛暑の五輪男子マラソンは大失敗

札幌で行われた東京五輪男子マラソンは、猛暑のために106人の参加者中30人が棄権するという事態になった。日本選手の一人は、体内温度40度という重度の熱中症を押してゴールインし、車いすで運ばれ救急搬送された。これを素晴らしい根性とか使命感とい…

コロナ拡大と学術会議の件

気温が下がり、乾燥し、それをGO TOキャンペーンが後押しして、新型コロナ感染が急拡大している。もはや、7月ころ、「日本モデル」と言って胸を張っていたのが過去のことになっている。「日本モデル」とは何だったのかといえば、世界では政府主導でいろいろ…

世界中、今や

世界中 今やコロナに明け暮れて ふと見る窓に 昼の月あり 今井百合子 かつて苫小牧の教会のメンバーで、脊椎の病を得てから札幌に越されて久しい今井百合子姉から電話がありました。姉妹は歌人なので、何か一首浮かびませんかと申し上げたら、この一首を詠ん…

youtube配信に関する情報提供「アカウント停止!」

今回のコロナ禍にあって、YOUTUBEで礼拝の動画を配信している教会が多いことです。突然、「あなたのアカウントを停止します」という通知が来たらアウトです。別に倫理規定に反していることはしていないと思うのに、何かの間違いでしょうと、フォームにしたが…

メッキの刃

日本語では、「私はあなたを愛します」と、SOVの順だが、中国語は英語と同じくSVOという語順なので、”I love you.”はそのまま「我愛你」となる。今、「鬼滅の刃」が大流行しているそうだが、「鬼滅」は「鬼が滅びる」ということであって、「鬼を滅ぼす」とい…

ガラケー使用者はアマゾンにログインできなくされた

ぼやきついでに。 教会のために空気清浄機2台をアマゾンで購入し、一昨日、品物は送られてきたが、昨日その領収書をアマゾンで発行しようとして、ログインしようとすると、ガラケー使用者にはログインできなくされてしまった。従来、セキュリティのため、ロ…

日本学術会議の件で思うこと

日本学術会議に関するニュースと、それに対する評論家やヤフーコメント欄を読んでみると情けなくなる。少しぼやきます。 1 首相の嘘か責任転嫁、あるいは、官邸官僚の犯罪 首相は初め自分が105名中6名任命しなかったと言っていたが、昨日は自分のところ…

法政大学総長「日本学術会議会員任命拒否に関して」

日本学術会議が新会員として推薦した105名の研究者のうち6名が、内閣総理大臣により任命されなかったことが明らかになりました。日本学術会議は10月2日に総会を開き、任命しなかった理由の開示と、6名を改めて任命するよう求める要望書を10月3日、内閣総理大…

菅内閣、学術会議推薦の6人の学者任命を拒否

菅内閣が日本学術会議が推薦してきた学者のうち6名を拒否したことで、大騒ぎになっている。その6名の内には先に安倍内閣が強行採決した安保法制と共謀罪法に、学術的観点から反対を表明した学者たちが含まれている。己が政策に反対の官僚は左遷し、政府に批…

健康のため、マスクの付けすぎに注意しましょう

広々とした苫小牧で、外を散歩するのにマスクしている人がとっても多いのが気になる。マスクをしないと白い目で見られるという恐怖なのだろうか。苫小牧は今のところ涼しいけれど、こんなことを暑い札幌や旭川、本州でしていたら、これからの季節、熱中症で…

法治国家の破壊

(歴史に残る重要文書だと思うので) 検察庁法改正に反対する松尾邦弘・元検事総長(77)ら検察OBが15日、法務省に提出した意見書の全文 東京高検検事長の定年延長についての元検察官有志による意見書 1 東京高検検事長黒川弘務氏は、本年2月8日に定年の63歳…

新型コロナいろいろ

このところ、どういうわけか「はてなブログ」にログインすることができず、メモすることができませんでしたが、きょうは何とかログインできたので、少々メモしておきます。 新型コロナ騒ぎはますます世界に広がっていますが、ほんとうの終息は、集団免疫が構…

御殿場市が、特定業種に補償とともに休業要請  

御殿場市が、バーやナイトクラブに休業補償を前提に、休業要請をしたそうです。 普通に考えれば、こういう政策をとるでしょう。なぜなら、感染源となる業種は、すでに経験的にスポーツジム、ライブハウス、飲み屋さん、風俗関係と特定できているのですから、…

さすがに、呆れました。

200億円を超える税金を、こんな使い方するとは・・・・正気なのか? 東京新聞の記事で読んだのですが、新型コロナ肺炎が、これだけ世界に広がってしまった以上、制圧することは無理なのだそうです。というのは、仮に日本国内で制圧しても、外国から感染者が…

山川異域、風月同天

「山川異域、風月同天」ということばを初めて知りました。「山川ハ域ヲ異ニスレド、風月ハ天ヲ同ジクス」とでも読むのでしょうか。あなたと私は、山や川はある場所が異なるけれども、風と月は同じ天にある、つまり、同じ風に吹かれ同じ月を見るお互いですと…

近畿財務局元職員とナボテ

大坂日日新聞の掲載された、近畿財務局元職員赤木俊夫さんの手記全文です。クリックすれば大きくなります。 この国の首相夫妻が不正を犯し、首相はそれを糊塗する嘘をつき、その嘘を隠すために、財務省佐川理財局長が動き、地方の近畿財務職のまじめな一人の…

正しい手洗いの方法

正しい手洗い方法 ほとんどの感染症は、手から移るので、結局、手洗いを徹底することが予防策としては、もっとも確実なのだそうです。新型コロナウィルスは石鹸でOKなのだそうです。及ばずながら、当ブログでも紹介しておきます。私はテレビを見ないのです…

苫小牧福音教会 主日予告

3月8日 主日予告苫小牧福音教会では、集会人数を分散するために、当面、夕礼拝を午後2時からに移動します。プログラムも短縮します。 朝礼拝 午前10時半 「御霊によって歩みなさい」 ガラテヤ5:13-26 鍛冶大使神学生 午後礼拝 午後2時より 「主の栄光あらわ…

WHOが「咳をしていない人は、マスクは無用」と発表・・・それでもしたい人は自作しましょう。

WHOが「咳をしていない人は、マスクは無用」と発表しました。マスク無用な人までマスクを買いあさるから、マスクが本当に必要な、花粉症・インフル・かぜ・コロナその他の理由でマスクが本当に必要な人、また医療従事者がマスクがなくて困っている状況で…

急ぎ足の者はつまずく

「中国ではWHOなどの専門家チームがおこなった調査報告書が公表され、そこでは19歳未満の感染者は全体の2.4%で重症化するケースもわずかな上、聞き取り結果では〈子どもから大人に感染したと話す人はいなかった〉(NHKニュース2月29日付)であることが判明…