苫小牧福音教会 水草牧師のメモ

聖書というメガネで、神が造られた世界と人間とその歴史を見てみたら、という意識で書いたメモです。

車がない

今朝は公園の南の住宅街に車で行き、空き地のわきに停めて、『通信』散歩しました。1ブロック目を歩いていたら、なんだか車を止めたあたりから拡声器で叫ぶ声がしています。「なんだろうなあー」と思いながら、2ブロック、3ブロック・・・と6ブロック回っ…

偽預言者を見分ける方法

主イエスは、世の終わり、再臨の前兆として、偽預言者が現われるから、惑わされないようにと教えられた。「また、偽預言者が大勢現れて、多くの人を惑わします。」マタイ24章11節。 主イエスは、偽預言者を見分ける方法を、山上の説教末尾で教えた。マタイ7…

血圧が下がりました。

3週間くらい前、早朝、頭がボワーッとしたので血圧を調べたら、上が135、下が90であり、50歳ころ上100程度だった自分としては高血圧になっていました。 その後、娘の勧めにしたがって無塩トマトジュースを毎日200㎖、S兄の勧めにしたがって玉ねぎたっぷりの…

かくありたい

若い頃、『旅人』という湯川秀樹の若き日の自伝を読んで以来、この人物に関心がある。下の文章を見つけたので、ここに置いておく。 森毅は、晩年の湯川秀樹の人柄をしのばせるエピソードをいくつか紹介している。 最初のは森敦が森毅に教えてた話。 おそらく…

分配なくして成長なし(2)

昨日の、「分配なくして成長なし」に関連して、2014年4月5日の記事を再掲載しておく。 ひさしぶりに文藝春秋2月号を読んだら、新自由主義経済の破綻について記されていた。 市場原理主義に立つ新自由主義経済は、格差はひろがるが、経済活動は計画経済…

「新しい資本主義を実現する。分配なくして成長はない。」

岸田首相は、小泉―安倍―菅と続いた新自由主義経済に決別し、「新しい資本主義を実現する。分配なくして成長はない。」と主張している。 小泉ー安倍は、竹中に操られて、ひたすら富裕層を富ませる政策をとり続けた結果、この経済大国でありながら食べていけな…

礼拝youtube配信再開

10月10日礼拝から、主日礼拝の配信を再開します。 機器の故障が直りました。

礼拝YOUTUBE配信お休み

10月3日の苫小牧福音教会礼拝のYOUTUBE配信は、機器が故障したので、お休みいたします。いつも視聴してくださっている方、ごめんなさい。

三光町

今朝、三光町の道を全部歩き終わりました。白髪のおばあちゃんが、庭掃除をしていらして、「双葉町の牧師です。ぼくが書いたので、読んでみてください。」と通信を渡すと、「ありがとうございます」と受け取ってくださいました。このあたりの人は、だいたい…

主は私の羊飼い

月曜日、朝日課の通信配布から牧師室に戻ったら、7時前に電話があり、教会の一人の兄弟が天に召されたことを知らされました。また一緒に聖書を読みたいと願って祈っていたので残念でした。 本日、お葬式が終わり、火葬が終わって、今、牧師室に戻りました。…

よい天気

今朝は5時に目覚めても真っ暗。5時15分に日の出でした。雲一つない青空で、風も吹いていないという苫小牧にはちょっと珍しいお天気です。 いつものように、「ふくおんでなくふくいん」通信を配りに出かけましたが、きのうまでの一戸建て群とちがって、今朝は…

同性間性交に関する、聖書に基づくメモ

「水草牧師の神学ノート」に掲載しているものを、ここにも掲載しておきます。 1 同性間性交に関する聖句 (1)創世記における、神が定めた結婚の秩序 創世記1:28 「神は彼らを祝福された。神は彼らに仰せられた。『生めよ。増えよ。地に満ちよ。地を従…

130周年記念大会

日本同盟基督教団宣教130周年記念大会がオンラインで開催されました。オンラインで行われたおかげで、北海道にある教会もきちんと参加することができたことは大変感謝なことでした。コロナにもこうした良い点もありますね。 全体集会における2回にわたる…

金持ちと乞食ラザロの話(ルカ16章)で気づいたこといくつか

1.主イエスはたとえ話で個人名を入れないのに、この話ではラザロという名が入っています。→これはたとえでなく、実際にイエス様が知っている出来事なんでしょう。 2.金持ちは名前は名無しで、乞食はちゃんと名があることにも考えさせられます。これはこ…

いろんな動物を見た主の日の午後

今日は朝の2回の礼拝で、主イエスが宮が「強盗の巣」になっているとして怒った出来事、そして、葉ばかり繁って実のないイチジクが呪われたという行為預言の出来事を読みました。 午後は奉仕神学生の夫妻といっしょに老人ホームを訪問し、そのあと、演習林に…

小雨

おはようございます。今朝は曇りかなと思ったら、ほんの少し雨が降っていました。でも、歩けそうなのでエイヤッと出かけることにしました。何かと消極的になりがちな性分なので、伝道牧会で迷ったときは、するという選択をするように、開拓伝道に立ったころ…

ちょっと寒い

今朝は苫小牧、14.6度。長袖のシャツを着て出たけれど、それでもちょっと寒い。道行くウォーキングの人はウィンドブレーカーみたいなのを着ています。これは歩き回って、内側から温めるほかないという感じでした。でも、この季節、苫小牧はほんとうに気…

風の強い朝

今朝の苫小牧の広い空は、青い背景に風が描いたなんだかものすごいデザインの雲でした。気温は18度。5時過ぎ半袖で外に出ると、少し肌寒い感じでしたが、5000歩を超えると汗をかいてきました。今朝は三光町5丁目でした。 歩きながら、昨日、私より一つ…

朝散歩

今朝5時に起きて、いつものように通信配布の散歩に出ると、ものすごい濃霧で、港の方から霧笛が響いていました。海の方からいうと、元中野町、船見町、若草町、新中野町、音羽町、双葉町、緑町、木場町、春日町の半分、住吉町、泉町、三光町1丁目から3丁目…

甘え、忍耐心

三浦綾子の言葉 あなたの気持ちはわかります、と言えば、わかるものか、とあなたは怒鳴る、 わからないと言えば、どうしてわからないのか、と怒鳴る。 どちらも甘えです。静かに話し合うという忍耐心が私たちには必要なのです。 (三浦綾子『ナナカマドの街…

予告『新・神を愛するための神学講座』

今、校正をしている本『新・神を愛するための神学講座』の目次です。少し分厚い本になります。本書の狙いは、その書名が表しています。「まじめな神学的な本だけれど、例えが身近なのが面白い」という感想を話してくださる友人がいました。今、第二校なので…

早起きは三文の徳

今朝5時半、気温は18度。半袖だと少し肌寒い。森の近くの住宅街をトラクト散歩していたら、大きな雄鹿が悠然と散歩していました。最初、道路をすたすたと歩いていたのですが、ふと民家の庭に入ってゆきました。早起きは三文の徳。 ヒグマでなくて、助かり…

苫小牧は秋がいいんです

春から夏はくもりや霧の出る日の多い苫小牧ですが、ナナカマドが色づき始めて秋。青く広い空が見えるようになりますから、苫小牧の人たちはよく、「苫小牧は秋がいいんです。」と言います。

いまは季節外れですが

もと苫小牧の教会にいらして、今は札幌の施設に住まわれる姉妹、今井百合子さんが、入選された短歌と俳句を伝えてくださいました。『百万人の福音』8月号に掲載されたものです。 介護士の摘み下されし蕗の薹籠れる我は春を手に取る 「春を手に取る」がなん…

今朝はいいお天気

今朝はいいお天気。午前5時、外気は16度だけれど、部屋の中はストーブも炊いてないのに25度もある。まさか上か下か右か左の人がストーブでも焚いているのかなあ。それとも、RCなので昨日の余熱なのか。 教会の北の森のちかく、泉町を歩いてきました。ヒ…

教会墓地に鹿の群

今朝、高丘にある教会墓地をきれいにしに出かけたら、鹿の群がいました。 ちょっと得した気分。こちらの鹿は奈良の鹿のように、あつかましく煎餅くれというふうに付きまとっては来ません。警戒していたので、静かに近づきました。エゾシカは本州のよりも少し…

紅茶染め

スコットランドで学んだ方から数年前にもらった大事なゴルフキャップ。本格的ゴルフはしませんが、北海道には数百円でできるパークゴルフというのがあるのです。この帽子には、あの有名なコースの名OLD COURSE ST. ANDREWSと刺繍されています。 ところが、汗…

コロナワクチン「最大多数の最大幸福」というならば

たいへんお世話になった先輩が、新型コロナのための2度目のワクチンを接種の翌々日、突然亡くなった。検死の結果は、心臓あたりに短時間激しい炎症があったことだけが判明したが、ワクチンとの因果関係は不明とされた。年齢は六十代半ば。テレビニュースで…

頭であるキリストのもとに

10**,時が満ちて計画が実行に移され、天にあるものも地にあるものも、一切のものが、キリストにあって、一つに集められることです。(新改訳2017 エペソ1:10) 万物がキリストにあって、「一つに集められる」とはどういうことか?この語は、ἀνακεφαλα…

再開

ぎっくり腰のせいで中断していた朝散歩を一週間ぶりに再開。半袖で「通信」をもって外に出たら、寒い。朝五時半、苫小牧は18度。もう秋です。 空は苫小牧らしくどんよりしていて、風が吹いています。今日歩いたブロックは、元中野町というところで、ちょっ…