苫小牧福音教会 水草牧師のメモ

聖書というメガネで、神が造られた世界と人間とその歴史を見てみたら、という意識で書いたメモです。

聖書理解と実証主義の問題

 いわゆる近現代神学は、現代的課題への対応、または現代思想を聖書解釈に応用するということをします。それは結局は、古代においてグノーシス派がギリシャ思想で聖書を読もうとして陥ったのと同じように、一種のシンクレティズムになってしまうのではないかと思います。
 ヘーゲル弁証法を古代キリスト教成立にあてはめて各書の成立年代を推測したり、宗教進化論を旧約聖書解釈の枠組みとしたり、実存哲学の考え方をベースに聖書を解釈したり、マルクス主義を聖書解釈に適用したり、と。
 これらはまあ自覚的にやっているので、その問題点がわかりやすいわけですが、現代人にわかりにくいのは無自覚に実証主義を聖書解釈に適用した場合です。実証主義というのは、フランス革命期のオーギュスト・コントが主張したもので、「知識の対象を経験的事実に限り、その背後に超経験的実在を認めない立場。 超越的思弁を排し、近代自然科学の方法を範とする。」(コトバンク)です。世界観としては理神論ないし自然主義です。つまり、超越者である神がかりに存在しても、その神は世界にはかかわってこないという考え方です。だから、実証主義者は超越者からの啓示もあり得ないということになり、聖書各巻は同時代の文化・宗教の産物だということになります。なぜ現代人には自分が実証主義に染まっていることを意識できにくいかというと、現代人は実証主義に首まで浸って生活しているからです。
 近年はやりの、パウロを1世紀のユダヤ教に還元するN.T.ライトや、創世記の創造記事を古代カナンの神話に還元するウォルトンは、実証主義に侵食されていると思います。もちろん神は真空中に啓示を与えたのでなく、ある文化の中にその文化の中で暮らす人々にわかることばで啓示を与えましたから、同時代の文化を参照することは有益なことがあります。しかし、それはいわば器であって、その器に神のメッセージを入れて渡してくださいました。だから、聖書執筆当時の文化との類似性よりも、むしろ、区別性にこそ注目すべきです。ほかの言い方をすれば、文化ではなく聖書が物差しなのだということです。

幸町という町名の由来?

 今朝散歩をした町は国道沿いの狭い道が入り組んで、区割りも三角形になっていたりして、どこをどう歩いたのかよくわからない場所でした。町の名は幸町というのですが、そこで、こんな石碑を見つけました。明治天皇が札幌を訪れたついでに、苫小牧にやってきて、ここに馬車を停めて休憩、昼食を取ったそうです。ああ、それで行幸にかけて幸町というのだな、と思いました。それにしても、あの鉄道も通っていない時代に、全国津々浦々をよく訪ねて回られたものだなあと思います。馬車でガタガタ道を札幌からやって来たわけです。当時28歳の若い明治天皇は京都の御所に閉じ込められていたことから解放されて、嬉しかったんだろうなとも思います。
 ここは苫小牧市街発祥の地なのだと立て札に書いてありますが、今では、「へ~、こんな所がねえ」としか言いようのない場所です。
 道がぐにゃぐにゃでどこまで配ったかわからず困りましたが、やっぱり足で歩くと、面白いものを見つけられます。 

御駐蹕は「ごちゅうひつ」と読みます。天皇行幸の途中、一時乗り物をとめることを意味するそうです。「蹕」は訓読みすると「さきばらい」だそうです。

 

科学は中立でありえるか?

 月刊『いのちのことば7』(2022年)が「キリスト教と科学」というテーマを取りげており、「自然科学は有神論でも無神論でもない中立のわざである」という少々気になる文があったので、メモをしておく。

 創造主はご自分のかたちに創造した人に被造物の支配し(創世記1:26)耕し守ること(同2:15)をお命じになった。自然科学は、神の文化命令に応答する被造物理解の営みであるというのは、全くその通りである。だが、そのあと「自然科学は有神論でも無神論でもない中立のわざである」と、まるで自然科学に携わる人間の知性は堕落の影響を免れているかのような文にひっかかった。果たして聖書は堕落の影響を受けたのは感情や意志だけであって知性は堕落の影響を受けていないなどとは教えているだろうか?
 聖書に「愚か者は心の中で、『神はいない』と言う。」(詩篇14:1、53:1)とある。神に背いた人の知性は決して中立ではなく「神はいない」という方向で知性を働かせる傾向がある。あの放蕩息子が「親父なんていなくても俺は生きて行ける」と思ったのと同様に、自然現象を前にしても、神を信じない科学者は「神抜きで目の前にある事象を説明したい」という衝動が、その知性に影響を与えているのである。

 それは最初の人アダム堕落以来の傾向性である。蛇は女に言った。「あなたがたは決して死にません。それを食べるそのとき、目が開かれて、あなたがたが神のようになって善悪を知る者となることを、神は知っているのです。」(創世記3:4,5)ここで「善悪を知る」ことは「神のようになる」ことと同義とされている(3:22も参照せよ)。蛇は、神が誰にも依存せず自律的に知性を働かせるように、あなたは神抜きで自分で知性を働かせることができるのですよと誘惑したのである。

 このことはヨーロッパの近代思想の推移にも現れている。17世紀の自然科学の方法論を確立した人々、ケプラーガリレオパスカルたちはいずれも創造主である神を畏れる人々であった。彼らは、神は我々に二つの書物をもって語りかけていて、その一つは聖書であり、もう一つは被造物世界であると考えた。無限のラチオ(ratio:理性・理法)を持つ神は、被造物世界をラチオをもって造られたから、神のかたちに造られて知性のうちに有限とはいえラチオを与えられた人間は、被造物世界をのうちに与えられたratioを読み解くことができると考えたのである。彼らは聖書によって宇宙にはratioがあるという前提を与えられていたからこそ、個々の実験結果をつなぎあわせて法則を見出せると考えたのである。有神論的世界観があったからこそ、西欧キリスト教世界に自然科学が誕生することができた。

 だが、18世紀啓蒙主義の時代になると、多くの思想家たちは有神論から理神論に傾いていく。すなわち、神は世界を創造したのちは、この現象世界には干渉しない。だから、啓示も奇跡もありえない。人間はラチオをもって、世界を読み解き支配することができると考えるようになった。アイザック・ニュートンは理神論者であった。

 啓蒙主義はさらに理神論では生ぬるいとばかりに無神論へと突き進むことになる。フランス革命の落とし子マルキ・ド・サドは公然と無神論を唱えた人物である。19世紀になり、生物進化説・進化思想が出現すると、それは創造主などいなくても、複雑・精妙なこの世界が偶然と膨大な時間さえかければ出現したと説明できるのだという幻覚を現代人に抱かせるようになった。

 有神論から理神論そして無神論へという近代思想の展開には、近現代人が「なんとかしてこの世界から神を抹殺したい」という衝動に突き動かされて歩んできたのかが如実に現われている。

 本来、近代自然科学の方法は、今、目の前で生じているある現象の仕組みについて仮説を立て、実験をして仮説の検証をし、検証結果が仮説にそぐわない場合は、仮説を立て直して、実験をして検証をするというプロセスを繰り返しつつ、現象の仕組みの実態に迫っていくものである。この方法は今、目の前で起きている物理現象の仕組みを解明するというようなことの場合には、「神抜きで説明したい」という衝動の影響は受けにくいだろう。
 しかし、現代において自然科学と称せられているものは、これほど厳密な意味のものではなくなっている。現在、宇宙がこのような姿になるためには、遠い過去何があってこのような姿になったのかと推測したり、遠い未来において宇宙はどのようになっていくのかといった、本来自然科学の対象外のことまでも推測して、自然科学と称している。その場合には、有神論的前提で対象を見るのか、理神論的前提で対象を見るのか、無神論的前提で対象を見るのかによって、仮説が違ってしまう。科学は決して中立ではない。

 

ひがみ七訓

 フェイスブックでこういうのを見つけました。なるほどなあ。

【ひがみ七訓】
一、つらいことが多いのは、
  感謝を知らないからだ
一、苦しいことが多いのは、
  自分に甘えがあるからだ
一、悲しいことが多いのは、
  自分の事しか考えないからだ
一、怒ることが多いのは、
  我がままだからだ
一、心配することが多いのは、
  今を懸命に生きていないからだ
一、行きづまりが多いのは、
  自分が裸になれないからだ
一、あせることが多いのは、
  行動目的がないからだ

 

キリストを信じる

本日午後は入門者会。同盟基督教団の『教会学校 小教理問答書』を学んできて、今日はキリストに関する問答でした。ここまで学んできた方が、神様の前に自分は罪人であることを認めて、死んでよみがえられたイエス様が自分の罪からの救い主であることを受け入れて、涙とともにお祈りしました。感謝。

本町

 海のそばを歩き終えたので、今朝からは、国道と王子製紙の工場敷地にはさまれた本町というところを歩き始めました。小海には「本村」という集落があって、一番古い集落だということでしたが、「本町」もそうなのでしょうね。古いシネマ・トーラスという名画のみ見せる小さな古い映画館があります。入ったことはありませんが。いつも教会にパンフレットを置きに来る人がいます。
 車をどこに置こうかとうろうろしていたら、ぽつりぽつり降り始めたのですが、伝道者なのでとにかく毎日少しでも福音を伝えたいので、2つだけ小ぶりのマンションにくばって退散してきました。

加賀乙彦『殉教者』

 江戸時代初期、日本人として初めてフィリピン―マカオ―マラッカーゴア(インド)-ホルムズ海峡―バグダードを経て―エルサレムに巡礼し、その後ローマで司祭となって、江戸幕府による切支丹弾圧の嵐が吹き荒れる日本に戻り、九州から潜入して、東北の水沢で宣教活動をし、捕縛されて江戸で火刑により殉教した人物がいた。ペテロ岐部カスイである。殉教の信仰なくして殉教者は現れないというのは、こういうことだろうなと思った。講談社文庫。