苫小牧福音教会 水草牧師のメモ

聖書というメガネで、神が造られた世界と人間とその歴史を見てみたら、という意識で書いたメモです。

中国人はなぜ漢字がきれいに書けるのか

 日本人は教養人に悪筆な人が多いように思います。中国人はたいてい、特別な教養人でなくても、立派な字を書く人が多いように思います。さすがに漢字の国だなあと感心します。
 日本に移住した中国人に書き方教育のちがいを聞いてみたら、中国では小学校低学年から万年筆を持たせる点がちがうとおっしゃていました。日本人が字が下手なのはー私もその一人ですがー、鉛筆のせいかもしれないと思います。小学生のころ、硬筆書道という時間がありましたが、ペン習字はありませんでした。
 鉛筆は筆圧が一定であることが求められますが、万年筆は毛筆と同じように、筆圧に強弱をつけることによって筆跡を太くしたり細くしたりして書くことができますし、美しく書くにはその必要があります。また鉛筆やボールペンの場合は殴り書きでも一応書けてしまいますが、万年筆は持つ角度が正しくないと書けないので、自然に丁寧に書くことになります。こういうところが、日本人と中国人の字の姿に現れているのではないか、と考えるんです。