苫小牧福音教会 水草牧師のメモ

聖書というメガネで、神が造られた世界と人間とその歴史を見てみたら、という意識で書いたメモです。

あなたがたが足の裏で踏むところ

あなたがたが足の裏で踏む所は、ことごとくあなたがたのものとなる。(申命記11:24)

立って、その地を縦と横に歩き回りなさい。わたしがあなたに、その地を与えたのだから。(創世記13:17)


 小海町に引っ越して来て、借家をして伝道を始めたのが、1994年3月。今年で20年目になる。初めての朝、目が覚めると聖書を開いてお祈りをして、みここころを求め、「神様、とうとう来てしまいました。さて今日はどちらにまいりましょうか?」とお話して、きょうは東馬流地区へ、きょうはどこそこへ・・・というぐあいに、歩いて挨拶をしてまわることから始めた。そのとき、心のうちに響いていたのが、上に掲げたみことばだった。
 ラブ信州という企画でシンガポールの5人ほど兄弟姉妹が来てくださったときは、手分けして朝から晩まで南佐久郡の全戸、谷あいの集落のすべてを歩いてトラクトを配って回った。
 神学校のとき、伝道学の授業で、奥山実先生が「福音はからだのどこに関係あるか?」と質問をなさった。福音は口で語るから口、唇に関係があるのかなあと思った・・・。
「良いことの知らせを伝える人々の足は、なんとりっぱでしょう。」(ローマ10:15)
「足には平和の福音の備えをはきなさい。」(エペソ6:15)
 「福音は足で伝えるものである。福音は礼拝堂の説教壇から語るのではなく、礼拝堂から外に出て、垣根の外側の人々に伝えなければならない。礼拝堂のなかで、信者を相手に福音を語って伝道していると思うのは、ロマンチックな自己満足にすぎない。」先生は、楽しく厳しく明快に教えてくださった。
 今年20年目。原点に立ち返ろう。