苫小牧福音教会 水草牧師のメモ

聖書というメガネで、神が造られた世界と人間とその歴史を見てみたら、という意識で書いたメモです。

鈴木範久『日本キリスト教史物語』

 およそ五百年前、キリスト教は日本に入った。その扱われ方から、次のような変遷があったと著者はいう。これはなるほど。

1 異神  1549-1587

      1549年はザビエル来日

2 邪宗門 1587-1859

      1587年は秀吉によるバテレン追放令

3 耶蘇教 1859-1873

      1858年は開国、1859年宣教師来日

4 洋教  1873-1989
      1873年は切支丹禁制高札撤去

5 基督教 1889-1945

      1889年は明治憲法公布、制限付きで信教の自由

6 キリスト教 1945-

       1845年は敗戦、1847年日本国憲法で信教の自由

 わずか200頁ほどの小さな本である。

 題名は、ローラント・べイントンの名著『世界キリスト教史物語』の日本版ということで教文館が付けたとのこと。表紙が面白い。これはなんだろう?

f:id:koumichristchurch:20210429133820j:plain