苫小牧福音教会 水草牧師のメモ

聖書というメガネで、神が造られた世界と人間とその歴史を見てみたら、という意識で書いたメモです。

神の憐れみ

 福島第一原発の燃料棒プールの水位が下がって再臨界寸前のときには、爆発の衝撃でたまたま横にあったプールとの隔壁が壊れて水が流れ込んで、なんとか事なきをえました。
 今回は、八ッ場ダムが試験で水を流し込もうとしていたけれど、まだほとんど空っぽだったおかげで、7500万トンの水をためることができて利根川水系は氾濫をまぬがれました。もし八ッ場ダムの計画がなかったら、利根川水系は氾濫していたでしょうし、また、民主党時代の工事中断がなく八ッ場ダムが最初の計画通り早く出来上がって水をすでにためていたら、莫大な雨を入れることができず利根川水系は氾濫していたでしょう。
 なんとも不思議で、神様の憐れみというほかありません。

 しかし、それにしても今夜も千葉、茨城、福島、宮城の大雨たいへんですね。祈ります。