苫小牧福音教会 水草牧師のメモ

聖書というメガネで、神が造られた世界と人間とその歴史を見てみたら、という意識で書いたメモです。

「美しい国、日本」は妄想

 首相は、「現在の日本は子どもたちの心がすさんで少年犯罪が増えてどうしようもないが、かつての戦前の少年少女は、愛国心に満ちていて、日本は美しい国であった」と思いこんで、宣伝している。また、マスコミの流すニュースを見ていると、やはり、現代は少年犯罪が増えているように感じられる。
 だが、これはまったくの嘘である。『戦前の少年犯罪』という本は、データに基づいて、戦前の実情を書いている。目次とアマゾンの内容紹介を掲げておこう。


管賀江留郎『戦前の少年犯罪』
 昭和2年、小学校で9歳の女の子が同級生殺害。昭和14年、14歳が幼女2人を殺してから死体レイプ。昭和17年、18歳が9人連続殺人。親殺し、祖父母殺しも続発!現代より遙かに凶悪で不可解な心の闇を抱える、恐るべき子どもたちの犯罪目録!なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?発掘された膨大な実証データによって戦前の道徳崩壊の凄まじさがいま明らかにされる!
 学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
などなど
・・・以上引用

http://www.amazon.co.jp/・・・/4806713554/syounenhanzai-209-22

 戦前は「戦争する国」を前提としていたから、戦闘員になれる男子が賞賛された社会だった。戦場では、暴力、殺人、破壊活動、弱肉強食が賞賛されるのだから、そういう価値観が社会に反映したのである。現代の米国では、「人殺しができてこそ、男として一人前」という価値観があるというのを読んで、ショックを受けたことがあるが、それと同じことである。米国で凶悪事件に巻き込まれる確率は日本の50倍だそうである。
 では、今わたしたちは、なぜ少年犯罪が日本社会に多くなったと感じているのだろうか。それはマスメディアが作り出した幻想である。マスメディアがそう意図しているかどうかは知らない。
 「犬が人にかみついてもニュースにならないが、人が犬にかみつけばニュースになる」というように、少年犯罪がしきりにニュースになるのは、実は、それが珍しい出来事だからなのだ。もし、戦前世代の読者が、「戦前はそれほど十代の犯罪について新聞で読まなかったなあ」という印象を持っていらっしゃるとしたら、それは十代の犯罪が少なかったからではなくて逆にあまりにも頻繁に起こっていてニュース性がなかったからである。


*こちらも参照
http://matome.naver.jp/odai/2136723173418248601?page=1