苫小牧福音教会 水草牧師のメモ

聖書というメガネで、神が造られた世界と人間とその歴史を見てみたら、という意識で書いたメモです。

神学用語の混乱  贖い、償い、宥め

 神学用語において、贖い、償い、宥めがごちゃごちゃになってしまっている。英語のtonementが混乱しているのが、そのまま日本語に持ち込まれた観がある。贖いとは「買い取る」ことを意味しており、償いは「弁償する」ことを意味している。宥めは、怒りをおさめさせることを意味している。だから、贖罪ということばはおかしくて、本当は償罪といわねばならない。だが、これだけ定着してしまうとどうにもならない。

 正確に表現すれば、キリストは、神の怒りを宥めるために、自らを宥めの供え物としてささげて償いを成し遂げて、私たちを贖ってくださったのである。