苫小牧福音教会 水草牧師のメモ

聖書というメガネで、神が造られた世界と人間とその歴史を見てみたら、という意識で書いたメモです。

英国はわずか10年で再生可能エネルギーが化石燃料を抜いた

英国の2019年第3四半期の電力供給において、風力、バイオマス、太陽光といった再生可能エネルギー源が40%を占めた。一方、化石燃料(英国においては実質的にすべてガス)は39%であったことが、カーボン・ブリーフ(Carbon Brief)の気候変動アナリストらによって明らかになった。残りの21%の大半は原子力によるものだ。再生可能エネルギー化石燃料を抜いたのは、1882年に英国で発電所が稼働を始めて以来初。英国のナショナル・グリッド(送電事業者)は、今年中にゼロカーボンの電力がガスおよび石炭による発電を上回ると予測していた。

この状況が達成された大きな要因となったのが、今年7月から9月にかけて運用が開始された、いくつかの新たな洋上風力発電所だ。風力タービンがより大型化し、効率が向上する中、英国の風力発電産業は活況を呈しており、商業的な正当性も確保しやすくなっている。

わずか10年前には英国の電力の5分の4を化石燃料が占めていたことを考えれば、英国は急速な進歩を遂げたことになる。だが、他国はさらに先を行っている。いずれにせよ英国は、世界の二酸化炭素排出という点ではわずかな割合を占めているに過ぎないことも心に留めておくべきだ。ドイツは昨年の段階で今回の英国と同じ状況を達成しており、スウェーデンは7年前に達成している。アイスランド、ノルウェー、コスタリカの電力網は、ほぼすべてが再生可能エネルギーで賄われている。

しかしながら、より大きな観点からすると、最も重要なのは中国、米国、インドの3カ国だ。この3カ国が、世界の二酸化炭素排出の約半分を占めている。中国のエネルギーミックスにおける再生可能エネルギーが占める割合は約27%であり、米国ではわずか18%に留まっている。

https://www.technologyreview.jp/nl/the-uk-just-got-more-power-from-renewables-than-fossil-fuels-for-the-first-time/?fbclid=IwAR3vmd8UJRisc70CU3mZNgZsuaPLdFs-lvTsge8CYS7wkv-4LOzbYjwCf84

 だが、原発事故を経験した日本の再生可能エネルギーの占める割合は8パーセント弱と情けないかぎりである。ウランの埋蔵量は少なく、高速増殖炉による核燃料サイクルはとうの昔に失敗に終わったので、原発に将来性がないことが判明した状況なのに、まだ政府は危険極まりない原子力にしがみつづけているのである。そして、それをよいことに電力会社は既得権益を守るというせこい目的のために、再生可能エネルギーを推進する新規電力会社の参入を妨害し続けている。こういう志の低い人々のしわざを見ていると、日本に将来はないなあと感じざるをえない。

 

やっぱりオリンピックのマラソンは苫小牧でしょう

 ようやく国際オリンピック委員会は、来年のオリンピックのマラソン競歩を東京でするのは無理と判断して、札幌に会場を移す提案を出しました。あたりまえのことでしょう。私も、このブログで8月9日にオリンピックは苫小牧で、と書きました。そして、苫小牧市役所に、その提案をメールで送りました。やる気なさそうな返事が届いただけでしたが。

 その時期、40度を超える東京でマラソンなどできるわけがないことは、子どもが考えても分ります。ある種の大人たちには、不思議とわからなくなるみたいですが。欲がからむと理性がマヒするのです。

 しかし、残念ながら、内陸性気候の札幌でも30度を超えますから、相当暑いというのが事実です。北海道に住むようになって知ったのですが、北海道の内陸部は暑くて、暑いからこそ、夕張メロンなどというものができるのです。まあ内陸式は夜は冷え込むので、明け方9時にはレースが終わるようにすればいいかもしれません。
 北海道で夏場涼しくマラソンに適した都市は、苫小牧と釧路だけでしょう。千歳空港からの便利さも勘案すれば、苫小牧がベストです。夏らしい日がほとんどなく、25度を超えません。陸上競技場もあります。ただ宿泊施設が足りないとか、ボランティアの確保がむずかしいでしょうね。
 とりあえずIOCに情報提供しました。

 

 もともとの問題は、2つあります。一つは、米国のテレビ局の都合としては秋はドル箱のスポーツイベントが目白押しだから、オリンピックと重ねたくないということが優先しての夏開催と決まっていること。IOCと米国のテレビ局はべったりくっついているのですね。もう一つは、我が国の首相が、7月末から8月初頭の日本がスポーツをするうえで最良の温暖な気候であると、世界に向かって得意の大ウソをついたことです。

 

旭川エクステンションに

 昨日、主の日の朝は「義に飢え渇く者は幸いである」というみことばを学びました。昼食後は、映画『塩狩峠』鑑賞。主人公の永野信夫は、まさしく義に飢え渇く生き方をして、その果てにキリストに出会い、そしてますます義に飢え渇く生涯をまっとうした人でした。

 夕礼拝は、説教代読を奉仕神学生にお委ねして、私は今日の北海道聖書学院出張授業のため、JRで旭川に来ました。説教代読というスタイルは、私が神学生時代に宮村先生から「パウロたちの手紙はまさに説教代読のテキストです」と委ねられたものです。一週間前には代読者に原稿を渡して、準備をしてもらいます。

 苫小牧から旭川まで3時間半。旭川は『塩狩峠』の舞台。私は高校三年の夏にこの映画を見て、キリストを求め始めたんだなあ、と思いながら、汽車(北海道ではJRを汽車と呼びます)に乗るうち、車窓から見える景色はすっかり夜になりました。旭川駅に着くと、加藤先生ご夫妻が迎えてくださいました。ミニ豚丼とザンギのセットをごちそうになりました。「ザンギって仮面ライダーにいましたよねえ。」というと、北海道赴任三年目の加藤先生も「そうそう。私もそう思った。」とのこと。ザンギとは鶏のから揚げのことです。

 食後、旭川駅前でコンドルは飛んで行くを吹いて、ホテル到着。一夜明けると、霜が降りています。もう本格的に秋。あ、出張授業のテーマは「失われた歴史から」です。

台風19号 水道復旧しても、トイレを流すのは最後に

 台風19号で被災された各地の方々にお見舞い申し上げます。

SNSで回ってきた水道復旧にかんする有益情報です。

水道が復旧して、トイレを最初に流した結果、タンクやウォッシュレットが破壊されてしまうケースが相次いでいるそうです。

水道が復旧したら、まず、台所や洗面台の蛇口から水を出して、空気を抜いてから、最後にトイレを流すとよいそうです。

 

 

四十肩・五十肩のほんとうの原因!!

 この整体の先生、えらいなー。すばらしい。


五十肩・四十肩の本当の原因

 

治療法1


四十肩・五十肩で上に挙げると痛い!セルフケア方法

 

治療法2


四十肩・五十肩の痛み改善!肩甲骨ケア!

松原湖研修会

 教団の松原湖研修会が終わりました。今回は二日目の早朝、午後に松原湖周辺を歩き、三日目の朝は松原湖周辺から長湖に足をのばしてアウトキャンプ場を回ってみました。今回は、三日とも雲一つない青空に恵まれました。

 研修は、「聖書信仰と現代」という主題で、1日目開会礼拝のお話担当は私で、創世記6章からお話ししました。夕方と三日目朝は岡村直樹先生「ストレス社会と人間理解1まず自己理解」「同2隣人理解」。2日目は、教会と国家委員会からは「天皇代替わりにちなんでの話」、「障碍、人への理解」、「性的少数者について」ということでした。

 今回は、とくに、岡村直樹先生の講演からは「感情」というものについて考えさせられました。キリスト者は「怒り」という感情をネガティヴにのみとらえて、我慢してブラックボックスにつめこむことが多い。けれども感情も神からの賜物ですから、正しく尊重すべきです。もちろん感情を爆発させたり、感情主導の生き方をせよというのではありません。そうでなく、自分のうちに湧いた感情を受け止め、「なぜ自分は今怒りを感じているのか?」「なぜ今自分は悲しみを感じているのか?」と考えて、その感情をきっかけに自己理解を深めることが自分自身の魂への牧会的配慮として必要であると教えられました。

 ご講演を伺いながら、そういえば、西洋の伝統的キリスト教神学においては、この感情ということがほとんど扱われて来なかったということを思わされました。おそらくプラトン主義やストア主義的な影響ではないかと思います。しかし、聖書そのものを読むならば、神は怒るお方であり、また、愛するお方です。…課題は大きいなあと感じます。キリスト教神学では、学という性格上、知の面に偏っていたのはやむをえなかったとは思いますが。
 そうした中で、知情意が見事に統合された『ハイデルベルク信仰問答』は、たしかに貴重な作品でしょう。

 

 

司法的律法

「6**,訴訟において、あなたの貧しい者たちへのさばきを曲げてはならない。7**,偽りの告訴から遠く離れなければならない。咎のない者、正しい者を殺してはならない。わたしが悪者を正しいとすることはない。**8**,賄賂を受け取ってはならない。賄賂は聡明な人を盲目にし、正しい人の言い分をゆがめる。」出エジプト233:6‐8

 このところ夕礼拝で律法を味わっていて興味深い。モーセ五書の中に記されているさまざまな律法は、普通その内容から、道徳律法、司法的律法、祭儀律法に分類される。道徳律法は十戒で時代を超えて通用する。祭儀律法は罪の償いや献身や神との交わりを意味するさまざまな定めを意味するが、これらは主イエス・キリストにあって成就されたので、新約の時代には廃止された。司法的律法は、古代イスラエルにおけるさまざまの法律であるから、そのまま私たちの住む21世紀の日本に直接適用すべきものではない。

 けれども、司法的律法を学ぶと、神の倫理的価値観がどのようなものであるかを知ることができる。上掲の箇所では、裁判を曲げてしまうのは、賄賂であると断定されている。現代日本で現役裁判官があからさまに賄賂を取ることはありえまい。しかし、合法的賄賂がある。それは出世と天下りである。政府や大銀行・大企業を被告とした裁判を起こしても裁判ではほぼ勝ち目がないのだそうである。裁判官の人事権は最高裁が握っており、最高裁判事の人事権は政府が握っているからである。政府を有罪とする判決を出した裁判官は出世コースから外されてしまう。また、裁判官にとって退官後の花道は大銀行・大企業の顧問弁護士だそうである。それで裁判官たちは、裁判で、大銀行・大企業に貸しを作っておくという。

 したがって、正しい裁判が行われるためには、この二つの「合法的賄賂」というべきものを非合法化する必要がある。