苫小牧福音教会 水草牧師のメモ

聖書というメガネで、神が造られた世界と人間とその歴史を見てみたら、という意識で書いたメモです。

憲法

自民党憲法改正の目標

この夏の選挙結果次第で、安倍政権は憲法改正へ突き進む構えです。どういう憲法改正を目指しているのでしょう?自民党は憲法改正草案を出しているのですから、「常識的に考えて、そこまではやらないんじゃないか」などという根拠のない希望的観測を捨てるこ…

バージニア州権利章典「言論出版の自由」

NHK会長は「政府が右というものを左というわけには行かない」といい、この三月一杯で、菅官房長官のご機嫌をそこねたクローズアップ現代のキャスターを下ろすという(別の口実を設けてだが)。民放でも安倍政権の暴走に警鐘を鳴らしてきたテレビ朝日ニュース…

ジャーナリズムの圧殺

高市早苗総務大臣は2016年2月8〜9日の衆議院予算委員会での発言。野党質問「憲法9条改正に反対する内容を相当の時間にわたって放送した場合、電波停止になる可能性があるか」という質問に対して、高市総務大臣は次のように答えた。 高市「1回の番組で電波…

古色蒼然

安倍さんは、立憲主義を「古色蒼然たるもの」とか誹謗していますが、彼が目指している「美しい国」こそ、古色蒼然たるものです。「美しい国」とは「天皇を中心とした神の国=天皇を頂点とした格差社会」なのですから。「戦後レジームからの脱却」とか言って…

改憲するために戦争?

「日中開戦『僅か5日』で敗北、米国は尖閣を見捨てる」という論文をリンク先で読みました。米国の権威ある外交専門誌「Foreign Policy」に掲載された尖閣諸島を舞台とした日中衝突、日米同盟の顛末についての机上演習の結果が記されています。 http://agora…

放送法の趣旨を知らぬ自民党・・・検閲国家をめざすのか

http://www.mag2.com/p/news/123121 国民にとって、たいへん重要な記事です。一部下に転載しておきます。 高市早苗総務大臣が「クロ現」に関し文書でNHKに厳重注意をした件。これについて、BPOは「個々の番組の内容に介入する根拠がない」と指摘した。放送法…

「安倍総理が自衛隊の最高司令官。これが一番怖い!」

こんな記事を見つけました。ごもっともです。 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/264267 「ある自衛官は、『安倍総理が最高司令官ということが、一番怖い。イラク戦争ではパウエル以下、軍トップは皆、反対したが、ブッシュ、チェイニーらのシビリアンが強…

「聖書から見た『教会と国家』」の原稿を紹介

「聖書から見た『教会と国家』」の原稿を紹介しておきます。1997年にまとめたものです。「売れそうにない」ので出版に至らず、お蔵入りしていたので、HPで公開したものです。 とりあえず序文と目次をアップしておきます。関心があれば、ご一読ください。ht…

現政権が目指している憲法改正

自民党政権は、憲法改正案を公表して、これが目標ですと明示しているのですから、「まさか、そこまではやらないんじゃないか」などという根拠のない希望的観測を捨てることが大事です。 自民憲法改正案 http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisak…

再掲載  9条改変よりも恐ろしい緊急事態法

首相は憲法改正をめざすと鼻息が荒い。しかも、緊急事態法から手をつけようと言う話である。その内容は9条よりも恐ろしい、独裁体制確立のための法である。独裁とは、行政権と立法権が一つになること。今年5月31日の記事を再掲載する。 自民党の改憲草案のな…

再掲載 私たちが九条を失うとき

(2014年5月19日の記事に追記をつけた) 「解釈改憲」よってであれ、本格的改憲によってであれ、憲法9条を失う時、私たちの国には具体的に何が起こるだろうか。(1) 9条を失うと、新自由主義経済政策で作り出されたワーキングプアが自衛隊(国防軍)に就…

参議院特別委員会採決は、不正・無法採決

議事速記録 以下の趣旨の文面を、岡田克也議員、福山哲郎議員、枝野幸男議員、小池晃議員に送りました。****先生 9月18−19日の参議院特別委員会の採決は、強行採決というよりも不正採決・無法採決だったことを、参議院本会議での討論によって知りました。…

戦争法強行採決で、安倍晋三首相他が刑事告発される

安倍晋三首相他が、松山地方検察庁に、刑法第193条 公務員職権濫用罪(第25条汚職の罪)、および、刑法第247条 背任罪(第37条詐欺及び恐喝の罪)で刑事告発されました。 一国の首相が刑事告発されなければならないとは、なんと残念な事態でしょうか。 こち…

福山哲郎 「戦争法案」採決に際して反対討論  と  斉藤隆夫の「反軍演説」

福山哲郎議員 (2015年9月19日) 「日本では、少なくとも40年以上、総理大臣や閣僚が、集団的自衛権の行使はできないとしてきた。歴史の歩みを軽んじ、法的安定性を壊すことに、なぜこんなに鈍感なのか。法案は、立憲主義、平和主義、民主主義を守ってきた…

「戦争法制」成立にあたって

本日、憲法違反の安保関連法制が参議院においても強行採決された。安倍政権によって、戦後70年の憲法9条のもと専守防衛に徹してきたわが国のあり方は変更させられた。この法制が違憲であることは、すでに国民周知のことである。憲法の下にある権力者が、自ら…

「おかしいだろ これ」  新潟県弁護士会 声明・意見書 安全保障関連法案の採決強行に抗議し、同法の廃止等を求める声明

新潟県弁護士会 声明・意見書 安全保障関連法案の採決強行に抗議し、同法の廃止等を求める声明2015-09-19平和安全法制整備法案及び国際平和支援法案(以下あわせて「本法案」という。)は、今月17日、参議院特別委員会において、総括質疑が省略される中、議…

日本ペンクラブ声明 「安保関連法の審議やり直しを求める」

日本ペンクラブ声明 「安保関連法の審議やり直しを求める」 安保関連法が今朝未明、参院で強行採決され、成立した。 安倍政権と与党による蛮行、愚行と言うべきである。 日本国憲法が戦争を放棄し、集団的自衛権の行使を禁じていることは自明であるにもかか…

「立憲主義・平和主義・民主主義を取り戻す戦いは、ここからスタートします。」

福山哲郎議員(民主党)。参議院「戦争法案」強行採決に際して討論。 「日本では、少なくとも40年以上、総理大臣や閣僚が、集団的自衛権の行使はできないとしてきた。歴史の歩みを軽んじ、法的安定性を壊すことに、なぜこんなに鈍感なのか。法案は、立憲主…

2015.09.15「戦争法案廃案!国会正門前行動」: 安海和宣さん (特定秘密保護法に反対する牧師の会)

みなさん、こんばんは。特定秘密保護法に反対する牧師の会の安海和宣と申します。9/1現在、日本全国の573名の牧師が当会の賛同者として名を連ねております。普段は存在感が薄い牧師が立ち上がっております! 特定秘密保護法のみならず、集団的自衛権、この安…

複雑すぎる安保法案の6つの事態

内閣府資料をもとにHuffPost Japan作成http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/15/security-law-wakariyasuku_n_7806570.html?ncid=tweetlnkjphpmg00000001

6分でわかる安保法制

経済的徴兵制

☆イラク戦争は民営化された戦争である <社会保障費カット→大量のワーキングプア→派遣社員として戦地に> そして今、日本の官界・政府・財界はアメリカの後を追っている。 ☆私たちが政府を監視すべきポイントは ・格差拡大経済政策(新自由主義経済)をやめ…

高慢は破滅に先立つ

異様なものを見せられました。「(安保法案は)違憲と言わざるを得ない」という元最高裁長官山口繁氏のコメントに対して、なんと政府・自民党は、「一私人の意見にいちいちコメントはしない」というのです。「この獣は、傲慢なことを言い・・・」(黙示録13:…

元最高裁長官が「集団的自衛権行使を認める安保法案は違憲だ」と

安全保障関連法案について、山口繁・元最高裁長官(82)が1日、朝日新聞の取材に応じ、「少なくとも集団的自衛権の行使を認める立法は違憲だと言わざるを得ない」と述べた。安倍内閣が従来の憲法解釈を変えて集団的自衛権の行使を容認した昨年7月の閣議…

安倍政権のクーデター

東大法学部教授石川健治氏も、今回の安倍政権による安保法制はクーデターだと断じています。 クーデターとは、ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典によれば、「一般に武力による奇襲攻撃によって政権を奪取することをいう。通常の政権交代方式と違って非合…

検証 8.30デモ参加者は3万人か12万人か

8月30日の国会デモの人数が、主催者発表12万人以上、警察発表3万人以上、産経新聞検証3万2400人とかいいますが、真相はどれか?・・・どっちでもいいといえば、そうなんですが、しっかり調べた人がいました。 国会正面は6つあるステージのうちの1つであっ…

剣を鞘に収めよ

マタイ26:47−561.ユダを「友よ」と (1)憎しみの口付け ゲツセマネの祈りで、父の御心が、十字架で辱めのなかで処刑され、私たちの罪に対する呪いを受けることであると確認された主イエスは、「その時」がついにやって来たとおっしゃいました。このように…

革命の追体験・・・祈りと知恵が必要

時代遅れの専制君主めいた政治家のおかげで、私たち日本国民は、18世紀にヨーロッパの民衆が経験した「自由を自分の手で獲得する」という歴史的追体験をさせていただいているのかも知れません。坂本龍一さんが8月30日に国会前に現れてSEALDsの奥田君に話し…

私の払った税金が弾薬の提供のために使われ、遠い国の子どもたちが傷つくのだけは絶対に止めたい。人の命を救いたいと自衛隊に入った友人が国防のためにすらならないことのために犬死ぬするような法案を、絶対に止めたい!

SEALDs関西の寺田ともかさんのスピーチです。胸打つものです。 「大阪から来ました寺田ともかと言います。 私たちは今、こみ上げてくる怒りや衝動を、肉体的な暴力や一時的な快楽で誤魔化すことなく、言葉と不断の力によってここに集まっています。 安倍首相…

「国のありかたについて・・・フランス革命と英国市民革命」

http://d.hatena.ne.jp/koumichristchurch/20130102/p1 リンク先の趣旨は次のとおりです。 1.社会の安定のためには精神的権威が必要である。2.近世までのヨーロッパには教権(教会)と俗権(国王)という二つの精神的権威があった。3.英国のピューリタ…