苫小牧福音教会 水草牧師のメモ

聖書というメガネで、神が造られた世界と人間とその歴史を見てみたら、という意識で書いたメモです。

キリスト者として選挙でどの人、どの党を選ぶか

 むかしから、クリスチャンとして、どういう政党を選ぶかということをいろいろ考えてきました。
 結局、聖書にガイドを求めることにしました。
 ローマ書13章から、神様が政治家に託している務めは、社会秩序の維持(剣の権能)と富の再分配によって貧富の格差をほどほどに是正することであると学びました。また黙示録13章から、悪魔が政権担当者に影響を与えるとき、侵略戦争に走り、偽預言者をもちいて国家崇拝を強要し、神の民を迫害するということを学びました。
 というわけで、
1.社会秩序を公正に維持し、
2.貧富の格差をほどほどに是正し、
3.侵略戦争に走らず、
4.国家崇拝を求めるような思想統制・情報操作をしない。
 これが選択基準ということになりました。この基準に照らして該当する政党や人物がないばあい、時代の動向を観察して、1〜4が社会に実現するような方向を意図して選択をするということになります。


追記 12月15日>
 ぶっちゃけていえば、自民党の本音(党是)は靖国国家護持ですし、公明党の本音は法華経を帰依せず邪宗を信仰すれば国難が生じて国が滅ぶと主張した立正安国論ですし、共産党は現段階はともかく本音(理想)は私有財産の社会化です。
 本音(理想)でめざしていることと、現状(現段階)とは理念的にはつながっていますから、もしそれぞれ圧倒的な議席を託したなら、本音を推進するために反対者をどういう方法であれ弾圧するでしょう。だから、選挙でベストミックスをつくるほかないように思います。
 聖書を読むと、この世の政治に期待しすぎるなと教えているように思います。上の4点は言い換えれば、<ヤクザや泥棒をとりしまり、国民を飢えさせず、侵略戦争をせず、国民の心まで支配しようとしない>そういう政治が実現するように選挙に臨むべきだということになるでしょう。