苫小牧福音教会 水草牧師のメモ

聖書というメガネで、神が造られた世界と人間とその歴史を見てみたら、という意識で書いたメモです。

憲法

今の日本は歴史の分岐点にいる

日刊ゲンダイ10月1日掲載のようです

憲法議論の基礎知識   

池上彰『君たちの日本国憲法』にもとづいた憲法についてのお話。これだけわかりやすく話せるのはすごい。 この漫才師兼ミュージシャンの中田敦彦さんのyoutube大学の授業は、隙間時間に30分聞くだけで、役に立ちそうです。 【政治】憲法改正問題を中田がわか…

「言論の自由」の意味を知らない総理大臣

どこかの国の総理大臣が他党を侮辱するひどい発言をして、それを取り消すように求められたところ、自分には言論の自由があるとのたまわった。彼は言論の自由というものが何もわかっていないようである。 そもそも、自由とは、「~からの自由」というふうに、…

「自衛隊を明記します」が「何も変わりません」の意図するところ

木村さんの説明で安倍さんの加憲案の意図を解釈しています。なるほど、です。 木村草太氏「今の(改憲)提案って、自衛隊を明記しろという事を中心にやってますが。自衛隊明記するとどうなるんですか?って質問、国会でされてますけども。安倍さん『何も変わ…

現行憲法と自民改憲案

とてもシンプルな対照表を見つけました。どなたが作ったかは知りません。 単純化しすぎだという人もいるでしょうが、本質はこういうことでしょう。 [こちらもどうぞ https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/kaiken-jimin-souan?utm_term=.hfpwEVDMJP#.yabq…

争点

衆議院選挙になりますね。フェイスブックで政策の違いについて整理してある表を見つけましたので、参考のためにここにおいておきます。ただ、この表を見るかぎりでは、<共産・社民>と<立憲民主>の区別がつかないという難点があります。でも、中身と名前…

ファシズムの初期症候

「ファシズムの初期症候 / Early Warning Signs of Fascism(日本語訳版)」 (ローレンス・W・ブリット起草/米国・ホロコースト博物館展示パネルより) 今の日本、危なくなっていますねえ。

「日本国憲法の制定過程」

下のリンク先の「日本国憲法の制定過程」をご一読ください。 https://media.wix.com/ugd/2a2fcb_9c0dfc9442904542a7d9605e4f2a0bbf.pdf<アウトライン> 序 Ⅰ 「押し付け」憲法論について 1 「押し付け」憲法論の根拠と目的 2 「押し付け」憲法論への簡潔…

天皇の生前退位は、憲法改正と無関係でしょう・・・国民をミスリードするFNN(フジテレビ)

FNN(フジテレビ系・産経)のニュースで、天皇の生前退位に必要なら憲法改正をしてもよいという意見が8割というアンケート結果が出ました、と言われていました。憲法には天皇の生前退位をさまたげる条項はありません。改正が必要なのは皇室典範です。フジテ…

大日本帝国憲法から日本国憲法へ

フェイスブック上にありました。出典不明ですが、わかりやすいですね。改憲派は帝国憲法に戻したいそうです。「美しい国」というけれど、どういう美意識なのだろう。

憲法に「緊急事態条項」を加えると・・・

トルコでクーデター未遂事件が起こり、3ヶ月の非常事態宣言がなされた。自民党憲法改正草案には「緊急事態条項」があり、大災害時などに備えて、これが必要なのだと説明・宣伝しているが、緊急事態を口実に政府に独裁を許してしまう相当に危険性のある条項で…

National Reviewの記事「ファシズムに向かう日本」内田樹訳

出典 http://blog.tatsuru.com/2016/07/18_0943.php National Review の記事から「ファシズムに向かう日本」JOSH GELERNTER July 16 日本の政治に津波 今週、日本の自民党とその連立パートナーは参議院で3分の2を制した。衆議院ではすでに3分の2の議席を…

参議院選挙の結果と憲法問題について・・・伊藤真氏から

伊藤真氏が冷静で有益な記事をのせていらしたので、紹介しておきます。 出典 http://www.magazine9.jp/article/juku/29330/ 「改憲勢力衆参で3分の2超」をどう考えるべきか。〜2016年参院選の結果を受けて〜 先日7月10日に参院選の投開票が行われま…

元自衛隊員、泥憲和さん「集団的自衛権は売られてもいない他人の喧嘩に、こっちから飛び込んで行くことです。」

元自衛官(防空ミサイル部隊所属) 泥 憲和さん 突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。 集団的自衛権に反対なので、その話をします。 私は元自衛官で、防空ミサイル部隊に所属していました。 日本に攻めて来る戦闘機を叩き落とすのが任務でした。 いま…

国民のための国家か?国家のための国民か?

「国民の生活が大事なんていう政治は、わたしは間違っていると思います。」(自民党稲田政調会長) じゃあ、何が大事かといえば、国家だそうです。国家のために国民が命をささげるのが、稲田さんのいう道義です。つまり、国家崇拝。 ナチスに加担したドイツ…

極右に乗っ取られた政権

目と耳を疑う現実。 自民党議員連盟 創生「日本」 憲法改正集会 「国民主権・基本的人権・平和主義、この三つを無くさないと自主憲法にはならない。」(元法務大臣) 「国防軍を創設する、そういう憲法改正案をつくりました」(稲田自民党政調会長) 「日本…

あたらしい憲法草案のはなし

自民党憲法改正草案(2012年4月27日)についてのたいへんわかりやすい解説書です。まもなく参議院議員の選挙があり、もしその結果、改憲を志向する議員が三分の二の議席を占めると、衆議院はすでに三分の二の議席が改憲派によって占められていますから、改憲…

自民改憲草案の「緊急事態条項」は「内閣独裁条項」である

http://webronza.asahi.com/politics/articles/2016030100008.html?iref=wr_fbpc リンク先の文章で、憲法学者、木村草太さんが自民党憲法改正草案の目玉のひとつ、「緊急事態条項」について、切れ味鋭く説いています。緊急事態条項の内実は、内閣独裁条項であ…

日本国憲法前文

何度も読んでは来ましたが、日本国憲法前文が声に出して読まれるのを聞いてみると印象深いものがあります。 私は特段民進党支持というわけではないので、次の選挙でどうするか考え中ですが、「基本的人権・国民主権・平和主義という三つの原理を憲法から取り…

改憲を目指す議員たちの本音にはビックリ

自民党憲法改正草案が出されたときに開かれた「憲法改正誓いの儀式」の内容にびっくりしました。これが、あの人たちの本音なのですねえ。一番びっくりしたのは「基本的人権・国民主権・平和主義・・・これを無くさなければほんとうの自主憲法にはならない。」…

国会議員一覧表

リンク先に国会議員一覧表があります。 あの無法な安保法採決に対して、賛成したか、しなかったのか? 「日本会議」「神道政治連盟」という右翼団体に加盟しているかどうか? そして、連絡先があり、HPがリンクされています。 意思表示をする上で、とても便…

菅野完『日本会議の研究』・・・生長の家原理主義者たちがその中核

1.話題のベストセラー、菅野完『日本会議の研究』を借りて読むことができました。amazonに注文してからもう一ヶ月近くなるですが、重版がかかっているとか。また、日本会議から出版差し止め圧力がかかっているとかいう話もあります。どちらが本当なのか私…

原則と例外・・・「憲法守って国滅ぶ」というプロパガンダに対して

憲法学者木村草太氏の話を聞いたので、その趣旨をここにメモしておく。 第204条 人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。 とある。これが傷害罪の原則。この原則からいえば、例えば歯科医が患者の抜歯をすることは傷害罪にあ…

必見 ワイマール憲法から学ぶ自民党憲法草案緊急事態条項の危うさ

リンク先、ぜひご覧ください。 http://www.dailymotion.com/video/x3yonfg もっとも民主的なワイマール憲法の時代に、なぜナチスが出現しえたのか?とはよく問われることなのですが、実は、近代民主主義的な国家の構造こそが全体主義成立の基本的条件なので…

精神的自由の経済的自由に対する優越

今朝方書いた衆議院予算委員会での「表現の自由」をめぐるやりとりの書き起こしです。小原さんという方によるものです。山尾議員の素晴らしい質問と、あまりに愚劣な大臣答弁。憲法にかんする基本の「き」も知らない総理大臣が、憲法改正を声高に訴える。こ…

自民政権が目指す憲法改正の中身

「憲法改正を目指す」と安倍総理は国会で明言しましたから、彼の目指す憲法改正の中身はどういうものであるかを見定めておきましょう。自民党は2014年4月27日に憲法改正草案を公表して、その目標を明示していますから、「常識的に考えて、そこまではやらない…

自民党憲法改正の目標

この夏の選挙結果次第で、安倍政権は憲法改正へ突き進む構えです。どういう憲法改正を目指しているのでしょう?自民党は憲法改正草案を出しているのですから、「常識的に考えて、そこまではやらないんじゃないか」などという根拠のない希望的観測を捨てるこ…

バージニア州権利章典「言論出版の自由」

NHK会長は「政府が右というものを左というわけには行かない」といい、この三月一杯で、菅官房長官のご機嫌をそこねたクローズアップ現代のキャスターを下ろすという(別の口実を設けてだが)。民放でも安倍政権の暴走に警鐘を鳴らしてきたテレビ朝日ニュース…

ジャーナリズムの圧殺

高市早苗総務大臣は2016年2月8〜9日の衆議院予算委員会での発言。野党質問「憲法9条改正に反対する内容を相当の時間にわたって放送した場合、電波停止になる可能性があるか」という質問に対して、高市総務大臣は次のように答えた。 高市「1回の番組で電波…

古色蒼然

安倍さんは、立憲主義を「古色蒼然たるもの」とか誹謗していますが、彼が目指している「美しい国」こそ、古色蒼然たるものです。「美しい国」とは「天皇を中心とした神の国=天皇を頂点とした格差社会」なのですから。「戦後レジームからの脱却」とか言って…