苫小牧福音教会 水草牧師のメモ

聖書というメガネで、神が造られた世界と人間とその歴史を見てみたら、という意識で書いたメモです。

健康

貴重なニュース「パニックにならないで」

新型コロナから回復した女性からのおすすめ。 リンク先をどうぞ。こういうニュースは貴重です。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200314-00000006-jij_afp-int&p=1

正しい手洗いの方法

正しい手洗い方法 ほとんどの感染症は、手から移るので、結局、手洗いを徹底することが予防策としては、もっとも確実なのだそうです。新型コロナウィルスは石鹸でOKなのだそうです。及ばずながら、当ブログでも紹介しておきます。私はテレビを見ないのです…

小学校用 新型コロナ対策

小学校用の新型コロナ対策のPDFが公開されています。 とってもわかりやすいので、ご紹介します。今回のものは子どもはかからないという情報も入っています。WHOと日本小児科学会の科学的知見からすれば、休校措置はいかがなものか、というか、逆効果でしょう…

水を30分ごとにゴクリ

今日は北海道聖書学院に出講日です。冬学期は、組織神学で聖霊論を学んできました。聖霊論は狭い意味では、聖霊がどんなお方かを聖書に学ぶわけですが、担当しているのはもっと広い意味で、聖霊プロパーだけでなくキリストが成し遂げ獲得してくださった祝福…

WHOが「咳をしていない人は、マスクは無用」と発表・・・それでもしたい人は自作しましょう。

WHOが「咳をしていない人は、マスクは無用」と発表しました。マスク無用な人までマスクを買いあさるから、マスクが本当に必要な、花粉症・インフル・かぜ・コロナその他の理由でマスクが本当に必要な人、また医療従事者がマスクがなくて困っている状況で…

急ぎ足の者はつまずく

「中国ではWHOなどの専門家チームがおこなった調査報告書が公表され、そこでは19歳未満の感染者は全体の2.4%で重症化するケースもわずかな上、聞き取り結果では〈子どもから大人に感染したと話す人はいなかった〉(NHKニュース2月29日付)であることが判明…

「10,000,000人感染」より、「254人感染」のほうが怖いと感じるわけ

人間にとっては、30メートルの高さが一番怖く、100メートルの高さになるとあまり怖くなくなるそうです。確かに高層ビルの最上階のレストランから下を展望しても、おもちゃの世界を見ているようで、怖くありません。高さが抽象化されてしまうのですね。ですか…

病気の怖さの計算式から言えば・・・

少し考えたのだが、病気の怖さとは、つまるところ、「それが死に至るものかどうか」ということだろう。死に至る可能性というのは、罹患率(りかんりつ)と致死率から成っている。罹患率というのは、その病気にかかってしまう確率であり、致死率とはいったん…

新型コロナ・ウィルスの件。政府も国民も頭を冷やそう。<追記3月5日>

新型コロナ・ウィルス感染による中国の致死率が2パーセントなのに対して、他国での致死率は約0.2パーセント。中国では、特に武漢で人々が病院に殺到して、医療体制が崩壊したことがその原因だとのこと。(追記 3月3日 WHOは致死率について4.4パーセントに修…

風邪予防に手洗い

高校の保健体育の時間に、「実験では風邪は空気感染ではうつらない。もっとも確実にうつるのは、風邪を引いた人の鼻汁を、自分の鼻につっこむことだ。」と教わりました。ひえー、誰がそんなことするか?と思ったら、先生は続けました。「だから風邪ひき男が…

万歩計

昨日、万歩計を手に入れたので、今日は1万歩あるきました。結構たいへん。 8000歩でいいそうです。それ以上はさほど意味がないとか。1日5000歩以上歩くと、「認知症」の予防効果が期待できる1日7000歩以上歩くと、「骨粗しょう症」の予防効果が期待できる1日…

脂肪と貯金

健康診断をしたら「中性脂肪」ということばが出てきた。アルカリ性脂肪、酸性脂肪というのはあるんかなと思ったら、ないそうです。それは措いといて、三種類の脂肪を貯金にたとえているのを見つけました。これはわかりやすい。 出典 http://www.kracie.co.jp…

腰痛、暖めるか、冷やすか

こないだの主の日の朝、ぎっくり腰になりそうな気配がしたので、「冷えたかな」と思って、ホッカイロを腰にあてて過ごしたら、余計に悪くなってきて夕方ころには、「まずいなあ。あした東京に行けるかなあ。行ってもかえって来られるかなあ。」という状態に…

除草剤ラウンドアップ発癌訴訟で、原告勝訴。

先の農林水産大臣山田正彦さんのレポートです。 理解のために、あらかじめ少し説明しておきます。 「根っこまで枯らす除草剤」として世界中で売られている除草剤がモンサント社のラウンドアップです。モンサントは、ラウンドアップでも枯れないラウンドアッ…

四十肩・五十肩のほんとうの原因!!

この整体の先生、えらいなー。すばらしい。 五十肩・四十肩の本当の原因 治療法1 四十肩・五十肩で上に挙げると痛い!セルフケア方法 治療法2 四十肩・五十肩の痛み改善!肩甲骨ケア!

苫小牧通信7月号が出ました

苫小牧通信7月号が出ました。苫小牧民放に昨日(7月24日)に入れてもらいました。今回のテーマは「世界初の麻酔手術」です。先週、住吉町の皮膚科でおなかにできたお出来を切除してもらって、アダムのことを思い出したので、創世記2章の話を書いてみま…

スマホや携帯が発する電磁波の脳への影響

ワイズマン科学研究所は、人の身体が携帯電話の電波にさらされ続けることによる健康被害について研究結果を発表しています。15分でも携帯電話を使用することで脳細胞に変化が起き、ガンを発生させる可能性があるということです。とくに、成長期の子どもにと…

バリウム検査

年に一度の健康診断から帰ってきました。いつも思うのですが、握力と柔軟さと俊敏さが要求されるバリウム検査は、 健康な人にしか無理だな、ということ。

嚥下障害に唐辛子

むせる人、嚥下障害のある人、唐辛子が効くそうです。昨日、教わりました。ネットで調べたら、唐辛子のカプサイシンが効くんだそうです。ぼくも数年前からむせるので、今朝からキムチとか唐辛子を意識して食べ始めました。

歩けば健康

毎日5000歩あるけば認知症発症率は7分の1になり、毎日7000歩あるけば骨粗しょう症発症率は6分の1になり、毎日4000歩あるけば鬱発症率は3分の1になり、毎日8000歩あるけば、高血圧の発症率は6分の1になるそうです。 群馬県中之条町で15年間にわたる5000人の住…

癌に特効「光免疫療法」

<末期ガンがたった一日で治る! 世界を変える奇跡のガン最新治療法「光免疫治療」>という記事を見つけました。近赤外線をピンポイントでがん細胞に照射することにより、即座に癌細胞を死滅させてしまうという技術で、米国立がん研究所の主任研究員である小…

4つの腰痛ストレッチ

私は三十代半ばにぎっくり腰をやってから、ずっと腰痛に悩まされてきて、いろいろなことを試みましたが、決定的に効果あるものはありませんでした。しかし、一昨年11月にNHKためしてガッテンで公開されたというこの4つのストレッチでついに解放されたようで…

納豆について

「腐ったもの食べなあかんほど、落ちぶれてへんで」とは、よく関西人がいう言い訳。ぼくは神戸で生まれ育ちましたが、父母は九州の出なので、納豆は子供のころ食卓に出ていました。でも、家族の中でぼくだけ食べられませんでした。あの頃の納豆は、ものすご…

4つの腰痛対策ストレッチ、効果歴然

火曜日は日高で牧師会、水曜日は教会の二つの祈り会、木曜日は神学校の授業と宣教区女性の集い、金曜日は札幌でJECA教職者夫人会で2回のお話、続いて土曜日はJECA北海道地区の「聖書信仰」をテーマとして聖会で二つお話。そして、昨日午後は札幌で青年のセ…

腰痛の原因と対策

youtubeでためしてガッテンの、腰痛対策番組を見ました。なるほどと納得して、実際にここ一週間試してみたら、すばらしい効果です。ここに紹介しておきます。 東大病院の先生が、腰痛の人のほとんどが朝起きて腰が痛いという症状を訴えていることに気づきま…

目からウロコ・・・筋肉緊張性の腰痛のしくみと改善

たまたま見つけて目からうろこでした。要点は次のとおり。 腰痛の9割は、筋肉が緊張することによって生じているそうです。したがって、筋肉の緊張を緩めることで痛みは解消する。 筋肉の緊張をゆるめるために、決してしてはならないことは4つ。たたく、強く…

頭痛に炭酸水

頭痛がするとき、コーラを飲むと不思議に治るという経験をしていました。誰かに教わって、飲むようになったんです。私は特に頭痛もちということではないので、一ヶ月か二ヶ月に一度のことですが。 ところが、これにはちゃんと根拠があるそうで、それは炭酸水…

新しい腰痛体操

今回、ひさびさ多分5年ぶりくらいのぎっくり腰がなかなか治らなかったのですが、下に紹介されている運動をしながら腰を左右に動かす金魚運動をプラスしてストレッチを行ったら、劇的によくなりました。たとえば、左腰が悪いばあい、左足を寝台から下に下ろ…

「うつ」は、心でなく、からだから治す

船木 威徳という内科のお医者さんが、うつ病対策として次のことをフェイスブックに書いていたので、転載しておきます。私はこの方のお世話になったわけではありませんが、自分の経験から考えても、これはほんとに効果があると思います。 私は内科の医者です…

バナナットウ

去年の秋ごろから、あまり眠れないなあと感じていた。もともと、高校生の頃『ナポレオン睡眠』なんて本を読んで、4時間睡眠に努めていて、「限られた人生、ぐーぐー寝てすごしてはもったいない」なんて考えつつ、必要最少限眠れたらいいという考えだった。夜…