苫小牧福音教会 水草牧師のメモ

聖書というメガネで、神が造られた世界と人間とその歴史を見てみたら、という意識で書いたメモです。

信州

前任地から記念文集が届く

きょう、前任地、長野県にある小海キリスト教会から、25周年記念誌が届きました。たくさんの写真が掲載されていて、開拓当初から私たちが去った3年前のころ、私たちが小海を去った後の洗礼風景、子どもたち、兄弟姉妹の楽し気なようす、そして昨年11月…

種をまき続けるなら

(前任地、長野県南佐久郡小海町の小海キリスト教会が25周年記念文集をつくるそうで、そのための寄稿を昨年秋に求められていたのを忘れていて、慌てて今日書きました。そういえば、5年ごとに文集を作っていました。) 小海町馬流元町の借家で集会を始めて、1…

松原湖バイブルキャンプへ

月曜日から昨日まで長野県の松原湖バイブルキャンプに出かけてきました。教団の特別会議のためです。前任地小海にあるキャンプ場で、八ヶ岳のふところに抱かれた場所です。 一日目の理事会が遅くまでありましたが、年のせいで朝早く目が覚めたので起きあがっ…

小海町の眺め

私の前任地は、長野県の小海町でした。新海誠さんの故郷です。

松原湖研修会

年に一度の教団の信州松原湖での研修会からもどりました。明日は北海道聖書学院で授業なので、一日早く、苫小牧でなく札幌にもどりました。 松原湖は前任地小海町にある八ヶ岳の懐にある湖ですから、見る景色は「なつかしい」というよりも、落ち着くという感…

新海誠監督のふるさと、私の住んでいた小海町

新海誠監督映画「君の名は」

この春まで暮らしていた長野県小海町出身の新海誠監督「君の名は」を見て来ました。監督は本名は新津誠さんといいますが、私の住まいから徒歩5分くらいのところに新津組という建設会社がありまして、その社長の息子さんだとのことです。 新海さんの作品の特…

今朝の小海

今朝書斎の窓から見える眺めは水墨画のようです。 千曲川をはさんだ向こうの里山は葉をすべて落として黒々としており、 その折り重なる尾根は垂れ込める霧にけむっています。 あ、その黒々した里山を背景に、南にむかって通り過ぎる純白の鷺のつがい。

大きな月

本日は家庭集会で遠く小淵沢、長坂へ出かけておりました。途中の道、唐松のもみじなど、それはそれは見事でした。 帰り、野辺山高原で東の空に見えた月がまんまるで、あまりに大きくてびっくり。でも、高原をくだり千曲川の谷あいの小海にくると、月はまだ山…

ばさばさ落ちる葉、舞い落ちる葉

はじめて見ました。いつも出かける、千曲川の西側の里山の散歩の上り道で、雲ひとつない青空の下、桑の木がはらはらというより、ばさばさと葉っぱを落としていました。風もないのに。降霜のせいです。 坂道の終わりに着くと、南には八ヶ岳がくっきりと見えて…

信州クリスチャン修養会

http://hanatachi.sakura.ne.jp/pl_y2/sub/chishitsu2.html 今日は、信州クリスチャン修養会に教会の兄弟姉妹たちと出かけてきました。会場は長野福音教会。講師は、大和昌平先生(TCU教授)。テーマは「諏訪の信仰とキリスト教信仰」を大きな題として、三つ…

白駒の池  紅葉

一昨日、教団の秋の研修会の自由時間、白駒の池に出かけました。

もう冬か?

今朝は、寒い。 でも、山道散歩して帰ったら、汗をたくさんかきました。 そうそうめずらしいもの、お見せしましょう。 近所の畳屋さんのお宝、小さな小さな柿の木の盆栽です。

アケビ

きのう早朝、家内が山の公園の地域の草刈りに出たら、おじさんが「持ってきな」と言ってくれたんです。この季節、あちらこちらに見えます。甘い物の貴重な時代は、みんな取られたのでしょうが、今は、とって食べる人はあまりいないのですね。 中の身は芋虫み…

旧制高等学校記念館・・・松本市あがたの森

きのうの主日は、信州宣教区一斉講壇交換日で、私は松本に出かけました。朝の礼拝を終えて、兄弟姉妹といっしょに昼食をいただきながら、「松本城は何度も訪ねたんですが、それ以外に、松本で面白いところはありませんか?」と質問をしたら、「あがたの森の…

キリストの従順にあずかる

「2:6 キリストは神の御姿である方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、 2:7 ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられました。人としての性質をもって現れ、 2:8 自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従わ…

もう、秋

今朝の散歩道で。もう秋です。 サルスベリ シュウメイギク ユウガオ

今朝、山を散歩したら、萩の花が咲き始め、ミズヒキも咲いていました。秋の訪れです。昨日は松原湖バイブルキャンプに行って、聖会の講師郷家一二三先生を温泉に連れ出しました。以前、川崎での宣教大会で、ご一緒して依頼です。楽しかった。歌が好きな先生…

小海町の超人

名古屋から戻り、一夜明けて、山散歩。 牛乳を運んでいる福山牛乳のおじいさんとお話した。私たちが21年前に小海に越してきたときから、ちっともご様子が変わらない。聞けば、90歳だそうである。もうこの仕事を、学徒出陣で出かけていた海軍の飛行隊から帰っ…

ハートを拾った

今朝、腰痛治療散歩でハートを拾いました。こういうのを見ると、すぐ思い出すのが、神学生時代に教わったカルヴァンのことば。 Cor meum tibi offero, Domine, prompte et sincere. (私の心をあなたにささげます、主よ。速やかに、そして、誠実に。) オニグ…

カラマツも芽吹き

千曲川のむこうの里山を妻とロダと散歩 小海のカラマツも芽吹き始めました。

かんてんぱぱガーデン

先週、伊那にあるかんてんぱぱガーデンに行って来ました。 「夏が来れば思い出す・・・」というのですが、水芭蕉は、ずいぶん早くから咲くものなのですね。

木曽路 奈良井宿

おととい、息子の引越しのついでに、妻と木曽路の奈良井宿をたずねました。「木曽路はすべて山の中である」といわれるとおりの場所でした。古くから中山道の宿場として栄えたところとあって、天保のころには409軒も家があったそうです。現在も端から端まで歩…

寒の戻りでも

ここ二三日、寒の戻りで、今朝は氷点下3.3度です。でも福寿草がけなげに咲いています。花弁のなかに小蝿が避難していました。追い払うのもかわいそうなので、そのままパチリ。

氷上ワカサギ釣り

今朝は松原湖の猪名湖でワカサギ釣りをしてきました。午前6時15分で氷点下23度で、この冬一番の寒さでした。解禁から3日目です。 無粋なビニールテントではなくて、Hさん特製の犬小屋ではなくて、釣り小屋で、ぬくぬくとしながらの釣りの予定でしたが、南京…

ふゆぞさびしさ

書斎の窓から見える里山は、すっかり葉が落ち地肌が見えて、「山里はふゆぞさびしさ」となりました。

小海、秋の夜明け

小海は東西に山が迫っているというか、谷あいを走る千曲川沿いの町なので、太陽が東の山の端に顔を見せるのが遅いのです。そうすると、朝、西の山はこんなふうに明るくなってゆきます。 そして、午後三時には日が翳ってしまいます。

日に日に秋深まる

散歩道に鹿

水曜は家内の畑がお休みなので、里山散歩にロダを連れて出かけてきました。今朝は、くっきりと八ヶ岳の木々が見えるほど空気が澄んでいて、木々の葉っぱ一枚一枚がまぶしいほどでした。 千曲川と国道141号を渡ると里山の登り口です。ここの崖の右手に桃の木…

イノシシ対処法

先週金曜日、土曜日に降った大雪で、軽井沢も閉鎖孤立状態である。知り合いの宣教師が住んでいるのだが、その家の周辺に雪で食べ物がうずまって困り果てたイノシシが出没している。数日前、五人の宣教師仲間と歩いているところをイノシシに襲われて、一人が…