苫小牧福音教会 水草牧師のメモ

聖書というメガネで、神が造られた世界と人間とその歴史を見てみたら、という意識で書いたメモです。

湯川秀樹『旅人』

18歳の真夏、友人三木君と一緒に京都の知り合いの下宿屋に二週間泊めてもらって、予備校の夏期集中講座に通ったことがありました。三木君は読書家で社会意識も高い人でした。その時、彼が紹介してくれたのが、この本でした。湯川秀樹の生い立ちから物理学…

七つの子

北海道聖書学院の庭にからすが巣をつくって、今、子育ての時期で気が立っていて、神学生や教員たちが襲われて戦々恐々としています。後ろからつめを立てて襲ってきます。対策として散歩に出かけるときは、ヘルメットを用意するとか、ヘルメットに目玉シール…

川瀬一馬校註『方丈記』『徒然草』『花伝書』

高校1年生の冬休みだったか、川瀬一馬校註『方丈記』を通読して、国文学者になるのもいいなあ、などと思ったものです。川瀬一馬先生の経歴に東京高等師範とあったのが、後に進学先をきめるきっかけとなりました。 川瀬一馬先生は小学生時代に両親を失い、卒…

三冊の本

国家というもの、天皇制というものの仕組みを理解する上で、役に立った聖書以外の3冊の本。 葦津珍彦『みやびと覇権』は天皇制と西洋諸国の王制とフランス型、米国型、ドイツ型それぞれの共和制の構造の理解。著者は、明治以降、天皇が江戸城に移され、本来…

ことばは神の目を見るように

聖書通読でヨハネ福音書1章2節を読んで、ずっと前から気になっている「ことばは神とともにあった」という翻訳がやはり気になる。ギリシャ語初級を学んだ時から気になっているから、35年間気になっている。ho logos en pros ton theonというのだが、ギリシャ…

褒めるのでもなく、叱るのでもなく、フィードバックする

樺沢紫苑さんの動画を見て、メモ。 褒めて伸ばそう若い芽を、というけれど、褒めるのは結構むずかしい。そして、叱るのもむずかしい。どちらも感情が入ってしまうから。 褒めるのでもなく、叱るのでもなく、フィードバックするのが有効。悪かった点3つ良か…

辺見じゅん『収容所から来た遺書』文春文庫

第二次大戦後、武装解除された日本軍将兵約60万人がソ連によってシベリア開発のために極寒の劣悪な環境下で強制労働に従事させられ、約6万人が望郷の念を持ちながらシベリアの地で命を落としました。 その一人に山本幡男さんと言う人物がいました。彼は過酷…

「良い実は良い木に」

昨日の報告です。 2020年6月14日 主日礼拝説教の趣旨 「良い実は良い木に」 マタイ7:15-23 「7:15 にせ預言者たちに気をつけなさい。彼らは羊のなりをしてやって来るが、うちは貪欲な狼です。 7:16 あなたがたは、実によって彼らを見分けるこ…

古事記・日本書紀

幼いころ、母が買ってくれた3巻本のなかに、イザナギーイザナミの話とか、大国主命の話とかがありました。小学生のころ、小学館の世界名作文学全集のなかに、子ども向きの『古事記』がありました。ギリシャ神話とか北欧神話とか、子どものころから好きでし…

問答無用!とは

北海道聖書学院の舎監の先生から「ゲストルームの出入り口付近の庭の木にカラスが巣を作っていて、この季節、気が立っていて襲撃してくるので気を付けてください」と言われました。わたしは苫小牧での経験から「なに、ちゃんと、おはようございますとあいさ…

ウォッチマン・ニーの本

ウォッチマン・ニー『キリスト者の標準』、『霊の解放』、『アブラハム、イサク、ヤコブの神』など。 むかし、宮村先生から「全集主義」ということばを教わりました。ある著述家の思想を理解しようと思うなら、その人の著作のすべてを読むということです。著…

覆面レスラー

マスクをして説教してみてわかったのは、覆面プロレスラーのたいへんさです。マスクをして30分、40分説教をすると、暑くてたまらない。顔からこんなに放熱しているとは自覚していませんでした。覆面レスラーは、すごいハンディを乗り越えてあんなに頑張って…

ブレーズ・パスカル『定本パンセ』(松浪信三郎訳・註)

「君は、寄らば斬るぞ、ですね。卒論にするには、とりあえず、この著者の言っていることはすべて正しいはずだと思える対象を見つけるほうが、実りある学びができますよ。」と飯塚勝久先生がおっしゃいました。当時、哲学専攻に移った私は毎週一回、先生の研…

健康のため、マスクの付けすぎに注意しましょう

広々とした苫小牧で、外を散歩するのにマスクしている人がとっても多いのが気になる。マスクをしないと白い目で見られるという恐怖なのだろうか。苫小牧は今のところ涼しいけれど、こんなことを暑い札幌や旭川、本州でしていたら、これからの季節、熱中症で…

日本国憲法に制定過程についての本の紹介

2013年夏に信州夏期宣教講座で日本国憲法について学ぼうということになりました。前年4月に自民党による憲法改正草案が発表されて、話題となっていたからです。それで、門外漢である私に担当するようにと言われました。かなり躊躇しましたが、この際、ちゃん…

角田房子『墓標なき八万の死者』中公文庫

戦時中、国策によって長野県南佐久郡からはたくさんの若者たちが満蒙開拓義勇軍として派遣され、満州で農業をさせました。彼らは関東軍の兵隊さんたちが守ってくれると信じていました。ところが、戦局が悪化しソ連軍が侵攻してくるという情報を得ると、政府…

岡田英弘『世界史の誕生』、岡田明『日本史教科書の中のファンタジー』

岡田英弘『世界史の誕生』(ちくま文庫)西洋史と東洋史の二本立ての世界史解釈をくつがえし、東西を結び東西の歴史形成に決定的な影響を与えてきたものはユーラシア大陸を東西に自由に行き来する遊牧民であったということ。面白いです。同著者の『日本史の…

小畑進『キリスト教慶弔学事典(婚葬)』

小畑進『キリスト教慶弔学事典(婚葬)』、背が赤でなく緑の「同名の書(冠祭)」があります。いのちのことば社。単なるハウツー本でなく、死、結婚、年中行事、人生の通過儀礼のひとつひとつについて、自在に古今東西の哲学・宗教・文学思想の深みから説き…

法治国家の破壊

(歴史に残る重要文書だと思うので) 検察庁法改正に反対する松尾邦弘・元検事総長(77)ら検察OBが15日、法務省に提出した意見書の全文 東京高検検事長の定年延長についての元検察官有志による意見書 1 東京高検検事長黒川弘務氏は、本年2月8日に定年の63歳…

犬や豚は

新改訳第三版 「聖なるものを犬に与えてはいけません。また豚の前に、真珠を投げてはなりません。それを足で踏みにじり、向き直ってあなたがたを引き裂くでしょうから。」 新改訳2017 「聖なるものを犬に与えてはいけません。また、真珠を豚の前に投げてはい…

久しぶりに中学生が

新型コロナで学校がお休みが続いて、中学生3人が久しぶりに、週日に教会を訪ねてきました。なんだか会うたびに急成長しているなあ。ちょっと前子供だったのに、おっさんみたいな声を出して。でもお菓子をあげると、嬉しそうでやっぱり子供。

神様のおちょくり(2)

すると見よ。その地方のカナン人の女が出て来て、「主よ、ダビデの子よ。私をあわれんでください。娘が悪霊につかれて、ひどく苦しんでいます」と言って叫び続けた。しかし、イエスは彼女に一言もお答えにならなかった。弟子たちはみもとに来て、イエスに願…

礼拝プログラム配信

動画サイトYoutubeに礼拝プログラム全体を配信しています。「苫小牧福音教会礼拝~年~月~日」と検索してください。 日曜日は午前9時から第一部礼拝(紙芝居あり) 午前11時から第二部礼拝 です。配信するのは第一部礼拝です。

三浦綾子『道ありき』

私の世代で学生時代をクリスチャンとして過ごした人には、三浦綾子さんの本は殆ど読みましたという人が結構いるように思います。そういう中で一冊だけ紹介をというならば、やはり三浦綾子さんの若い日の自伝『道ありき』です。誠実に生きるということがどう…

コロナへの態度、理解しあうこと

ネット上に下のように整理してくださった方がいました。両極端ばかり報道するメディアにあおられないで、理解しあうことがだいじですね。理解しあうことが大事ですね。 arakawa+_+weave@mueniere さん作成です。

本というもの

今、フェイスブック上で、7日、一冊ずつ自分が好きな本の表紙を紹介し、次の友人にバトンを渡すという企画が流行しています。読書文化がすたれてしまった中で、なんとかしようということのようです。私自身、読書量がうんと減りました。SNSなどで時間をつぶ…

北海道聖書学院は明日から授業スタート

北海道聖書学院は、明日からZOOMで授業開始です。学院では、ちょうど今年から札幌まで通えないけれど聖書を学びたいという方たちのために、ZOOMを用いた遠隔地授業をすることにして、準備をしていたところでした。月例の教師会も、この1月からZOOMですること…

牧師腕立てチャレンジ 面白い

主の日の夜の昨夜、フェイスブックで牧師腕立てチャレンジばかり探し回って笑っていました。いま、フェイスブック上でこういうのが流行っています。自分が腕立て伏せをする動画を撮って、友人の牧師にバトンを回すというのです。新型コロナで家にこもりがち…

神様のおちょくり

さてその日、夕方になって、イエスは弟子たちに「向こう岸へ渡ろう」と言われた。そこで弟子たちは群衆を後に残して、イエスを舟に乗せたままお連れした。ほかの舟も一緒に行った。すると、激しい突風が起こって波が舟の中にまで入り、舟は水でいっぱいにな…

新型コロナいろいろ

このところ、どういうわけか「はてなブログ」にログインすることができず、メモすることができませんでしたが、きょうは何とかログインできたので、少々メモしておきます。 新型コロナ騒ぎはますます世界に広がっていますが、ほんとうの終息は、集団免疫が構…